© MAZIKA.inc

Scroll

COLUMN

  

3D映像って、結局何なの?

時代の移り変わりに伴い、「3D(スリーディー)」という言葉を耳にすることも増えてきたのではないでしょうか。

この映像などで耳にする「3D」とは実際どういう意味なのでしょうか?参考映像を踏まえながら、徹底的にご紹介できればと思います。

そもそも、3Dって何の略?

「3D(スリーディー)」という言葉を耳にしたり、口にしたりすることもしばしばありますが、実際に何の略称か知っている人は案外少ないかもしれません。

3Dの「D」は、ディメンション=dimension 。日本語訳で、「次元」という意味になります。

つまり、3D = 3次元 ということです。

結局、3Dって何?

3Dについて説明する前に、少し「次元」における話をしておきます。

「D」が「dimension」、つまり「次元」ということは、略称や日本語訳から理解したかと思います。

次元は空間の広がりを表す指標です。

 

2Dは、2次元。縦と横の平面世界。分かりやすくいうと漫画やアニメの世界です。

3Dは、3次元。縦と横と高さがある立体世界。我々が生活する現実世界は3Dです。

4Dは、4次元。3次元の縦・横・高さに加え「時間」が含まれる空想上の世界です。ドラえもんの世界です笑

 

上記から、3Dは、3つの次元を持ち、「縦」と「横」と「高さ」の3つを持つ立体世界のことを指します。

それらから、立体的に見える映像のことを「3D映像」や「3D動画」などと称します。

つまり、3Dは、「縦」と「横」と「高さ」を持つ立体を表現する映像ということになります!

3D映像のメリット

私たちがWEB上で目にする、バナーや漫画・アニメーション等は一般的に平面のもので、縦と横の2次元のものがほとんどでピクセルを用いて制作されております。一方、3D(三次元)は、縦と横に加えて「高さ (奥行き)」があり、2Dと比べてより映像が立体的になります。この「立体感」がメリットの要素になります。

2Dでは表現できない情報の伝達

前述でも記載した様に、3Dは、2Dにはない「高さ (奥行き)」を表現することができます。そのため、平面的にしか商品を見ることができなかった視聴者が、商品の形やサイズ感をよりリアルに感じ取ることができるのです。「購入してみたらサイトの商品写真で見てたイメージと違った」みたいなギャップを立体的に表現することで減らすことができます。

宣伝効果が高い

3Dという言葉はよく耳にする様になりましたが、まだまだ3D映像を用いたマーケティング手法が浸透していません。技術的にもまだまだ発展中のものですので、早めに3D技術を用いた映像などを制作することで、他社と差をつけるチャンスになるかもしれません。

3D映像を用いた例

直近では、3Dサングラス不要(通称:裸眼3D)で、3Dをリアルに体験できる物も少しずつ増えてきています。3D映像を用いた例を一部ご紹介します。

3D Phantom

3D Phantomとは、LED光源がライン状についたブレードを高速回転させ、光の残像で映像を映し出す3Dホログラムディスプレイです。専用のメガネ等は不要で、インパクトのある3D映像を肉眼で体験できます。

(公式プレスリリースより一部抜粋)

東急プラザ渋谷に設置してある「デジタル・ハチ公」が良い例かもしれません。

新しい待ち合わせ場所として、GMOインターネット社が公開した3Dを用いたリアルコンテンツです。

ブレードが高速回転して表示されているため、ハチ公に触れることはできませんが、横に設置してあるタブレットで、ハチ公にアクションを促したり、服をきせかえたりすることができます。

四川省成都市の裸眼3Dスクリーン

中国の成都市のショッピングモール「成都太古里」に設置された裸眼3D屋外広告は、2020年末に話題になりました。まるで、スクリーンから宇宙船が飛び出してきている様な映像には、多くの人々が足を止めて見ています。

実際に、集客効果は非常に高く、通常の屋外広告に比べて、投資効果は3倍以上になったとのことです。

 

3D広告が当たり前の時代が来る?

映像技術が著しく進歩している昨今では、平面のバナーや動画も、オール3D化する時代も近いかもしれません。

実際に、2020年末にGoogle (グーグル) が、「Swirl」という3D広告のフォーマットを全世界で利用可能にしました。「Swirl」には、インタラクティブな3Dを用いて立体的に表現するバナー広告があります。

“消費者が広告の中のプロダクトを回転させたり、ズームしたり、拡大したりできるようにすることで、目前の商品へとエンゲージできるようにする。”

上記の様に、3Dで表現することで、商品の利用や購買促進につながるとGoogleは考えており、3Dバナーが徐々に増えてくることが予想されます。

弊社MAZIKAのHP内で、ロゴを分解したパーツを3D技術を用いて立体的に表現しております。

サイトのファーストビジュアルに3D映像を用いることで視認性が高くなりました。今後マーケティングの一貫で 3D映像の需要は更に加速するでしょう。

弊社MAZIKAでは、撮影やクリエイティブ制作だけでなく、3Dの映像制作も行っております。

まずは、気軽にお問い合わせ、相談からご連絡ください!

COO

SHUN KIMOTO

広告代理店出身のクリエイティブディレクター。マーケティング起点のクリエイティブ設計を得意とする。

BACK